フォトブックを作るメリットとは?

撮りためた写真の整理ができる

フォトブックを作るメリットとして、撮りためた写真データの整理ができるということが挙げられます。フィルムで撮っていた頃からは比較できないほど大量の写真データが、スマホやデジカメのメモリに入っている方も多いと思います。そして、ふと、過去を振り返ろうと思ってもデータがバラバラに保管されていたりすると、見つけられないんですよね。でも、フォトブックを作るときには、「作品にするぞ」と気合が入りますので(筆者が実際にそうでした)沢山ある中から、写真データを選別する作業は楽しいだけでなく、データを整理するいい機会でもあります。データだと、「沢山撮っておいて、後で消そう」と思いながらそのままということも。フォトブック作成のタイミングで、ピント・目線・背景などいくつかの基準を決めておきイマイチなデータは思い切って削除するとスッキリしますよ。

家族で見返して楽しい

写真がデータのままだと、どうしても見る機会が減ったり、見られる人が限られますよね。でも写真は撮るときが楽しいんじゃなくて、撮り終えて、そして少し時間が経ってから見返すのが楽しいと思いませんか?さらに、そのときの思い出を家族みんなで話せるのがいいですよね。フォトブックを作成すると子供からおじいちゃん、おばあちゃんまで、誰でも好きな時に手に取って楽しむことができます。人によっては同じものを複数作って、一冊は子供が見る用、もう一冊は保管用などと決める人もいるそうです。子供の誕生日のタイミングで作成しておじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼントにもできますよ。自分だけでなく家族や親せきとも楽しめるのもフォトブックの魅力です。